シーツをささっと乾かす方法

文明の利器を使うとさらに効果的

エアコンや扇風機などを利用する

部屋干しの際に活用できるのが、扇風機(サーキュレーター)です。
窓を閉め切るしかない時期や、外干しができないときの部屋干しにはとても有効です。

乾かし時間には風が大きくかかわってくるのですが、扇風機で直に風を送ることで乾燥時間がだいぶ変わってきます。風が通りにくいだけでずいぶんと乾き方が遅くなります。

さらに、エアコンの力を借りてみるのも手です。
エアコンを除湿(ドライ)か冷房にして部屋干しにしてみましょう。
湿度を下げてあげるのです。そして洗濯物の下から扇風機を当ててみます。そうするととても効果があがります。

エアコンの風+扇風機の風によって水分が早く出ていきます。
いつもよりも早く、3時間くらいで乾かすことができることでしょう。

浴室乾燥機を使ってみる

普及も高まっている浴室乾燥機ですが、使い方をしっかり把握しておきましょう。
だいたいの浴室乾燥機には、乾燥・換気・暖房・涼風といった機能があると思います。
洗濯物を干す場合は乾燥モードを使っている、という人は多いでしょう。

この乾燥の仕組みは、浴室内の温度を高めて空気を入れ替えることによって洗濯物の乾燥を促進させます。

ただ、乾燥時間を早くするためには少し注意点があります。
そのまま乾燥モードで使っても思ったより時間がかかってしまうでしょう。

乾燥時間には温度と湿度が大事だと先述しましたが、浴室内に閉じ込められた湿度は大敵です。乾燥モードでは湿度がうまく追い出すことができません。最初に換気しておくことが大事です。
乾燥モードにする前に換気モードで湿度を下げておきましょう。